TGしびる会ホームページへようこそ!

 TGしびる会とは、東北学院大学土木工学科、環境土木工学科及び環境建設工学科の卒業生、並びに、同大学院土木工学専攻修了生を正会員とする会員数約5,200名(2013年9月現在)の同窓会です。

 TGしびる会は、「同窓生相互のつながりを大事にしている会」であり、毎年11月頃の『定期総会・懇親会』の開催や、『ゴルフコンペ』、大学環境建設工学科及びしびる技術士会との共催による『技術フォーラム』の開催も行っています。

 

 

会長挨拶

 本会は1971(昭和46)年に土木工学科を卒業した第1期生とともに誕生しました。それから時代とともに学科名が土木工学科から環境土木工学科、そして環境建設工学科へと変わり、会員数が約5,200名(2013年9月現在)を擁する同窓会組織となっております。

 私たちは、平成23年3月11日の東日本大震災を経験し、数多くの教訓を心とからだに刻みました。私たちが経験したことは決して忘れることなく、後世にきちんと伝えていかなければなりません。

また、これから新しい街づくりに向けて復興が本格化するなか、私たち同窓生が果たすべき役割は大きいものがあると思います。防災・減災にかかるインフラ整備を担う技術者、太陽光や風力などの次世代エネルギー開発に携わる研究者、街のにぎわいを演出する職人・商人など、それぞれの立場で貢献できることを精一杯果たしていくことが、TGしびる会同窓生としての使命であると感じています。

これからも本会は、会員同志の情報交換や情報共有のための一助となれるような活動を目指してまいりますので、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成25年3月

TGしびる会 会長 笠松 直生

東北学院大学工学部